セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンでアンチエイジング

 

いつまでも元気で、若く美しくありたいと願う女性の間で、近年「アンチエイジング」という言葉がすっかり浸透してきました。
老化(エイジング)に抗う(アンチ)という意味のアンチエイジングは、女性の永遠のテーマです。
このアンチエイジングにセサミンはとても良い効果を発揮することがわかっています。
そもそも老化(エイジング)とはどのような状態のことを意味するのでしょうか。
私たちは生きるために呼吸をし、酸素を取り入れています。
酸素は体内の栄養分と結びつき、必要なエネルギーを作り出しています。
しかし、体内に取り込まれた酸素が全てエネルギーになるわけではありません。
一部の酸素は活性酸素となり、脂質と結合して酸化し、体の細胞を傷つけてしまいます。
活性酸素は細菌などを排除する作用もあるため、人体には必要なものなのですが、活性酸素が過剰に発生してしまうと正常な細胞も攻撃し、傷つけてしまいます。
これが肌、血管、心臓など体のいたるところで起こると老化を早める原因になるのです。
酸化とは物質が酸素に触れて変化することで、いわゆる「錆び」と言われる状態のことです。
鉄が錆びてしまうのも、りんごの切り口が茶色く変色してしまうのも酸化によるものです。
これと同じことが人間の体内でも起こってしまうのです。
この体の錆びがいわゆる老化につながります。
この老化を早める原因となる活性酸素を抑制し、体の酸化を防ぐために必要なものが抗酸化物質です。
人間の体にはもともと活性酸素を除去する力が備わっているのですが、年齢とともにその力は衰えてゆき、40代になると急激に体内の抗酸化パワーが減少します。
そうなると自力で活性酸素を除去しきれなくなり、有害な活性酸素が体内に蓄積されてしまいます。
これが老化を加速させ、さまざまな生活習慣病を引き起こす要因にもなると言われています。
低下した抗酸化パワーを補い、老化を防止するためには、食事やサプリメントなどで抗酸化物質を摂取し、活性酸素の発生を抑制し、除去することが必要です。
この抗酸化物質としてとても有効なのがセサミンです。
セサミンには大変高い抗酸化作用があるといわれており、毎日摂取することで活性酸素の害を防ぐばかりでなく、悪玉コレステロールの増加を防いだり動脈効果を予防することもできます。
活性酸素を抑制し、体の酸化を防止することで老化の進行を遅らせることができ、アンチエイジングに大変効果があると考えられています。