セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンでダイエット

 

さまざまな健康効果で注目されているセサミンですが、ゴマの成分が中性脂肪の値を下げることがわかり、ダイエットにも効果的であることがわかってきました。
主に脂肪を減らす働きをすると考えられるのは、セサミン、ポリフェノール、オレイン酸、リノール酸です。
セサミンなどのゴマリグナンは、肝臓で抗酸化作用を発揮することが知られています。
肝臓は体に害をもたらす活性酸素を最も多く発生する臓器であり、多量の活性酸素によって肝機能が低下すると血液中に過酸化脂質が増加します。
これが肥満の原因となり、最近よく耳にするメタボリックシンドロームにもつながる可能性があります。
メタボは脳梗塞や動脈硬化などの生活習慣病を引き起こすひきがねとなり、放置しておくことは危険です。
抗酸化作用の強いセサミンを摂取することで、活性酸素を減らし、肥満やメタボなどの脂質異常症である高血中コレステロール値が下がることが実証されているので、積極的にセサミンを摂取することはダイエット効果があると考えられます。
また、ゴマの脂質のひとつであるオレイン酸には、悪玉コレステロール(LDL)の値だけを下げるという優れた特長があります。
リノール酸は過剰に摂取すると善玉コレステロールまで減らしてしまったり、過剰摂取したリノール酸が酸化することでアレルギーやガン細胞を発生させたりすることもありますが、これに比べてオレイン酸はそのような心配がないので、安心して摂取できます。
さらにセサミンは中性脂肪の値を優位に下げることがわかっています。
これはセサミンがペルオキシソーム(細胞内小器官のひとつ)を活性化することで脂質の代謝が高まり、中性脂肪をはじめとする脂質が分解されやすくなるためです。
肝臓内のペルオキシソームは主に脂肪酸のβ酸化(脂肪酸分解)を行っています。
運動している時や飢餓状態にある時に、体に蓄えた脂肪の燃焼は最も活発になり、これによって中性脂肪やコレステロールを減らすことができますが、あえて運動を行わなくてもセサミンでペルオキシソームを活性化させることができるため、積極的にセサミンを摂取すると中性脂肪を減らすことができると考えられます。
運動や食事改善とともにセサミンを摂取すると、より効果的にダイエットがすすめられると言えるでしょう。
イソフラボンという成分もダイエットに良いそうで、 ダイエット向けのイソフラボンサプリメントも販売されています。

ダイエットというとついつい食事制限をしてしまう方が多いです。
しかし、これはかえってリバウンドしやすい体を作ってしまいます。
健康的に痩せるためにはバランスの良い食事が大切になります。
野菜が嫌いだったり、外食が多くてなかなか野菜が摂れない方には青汁が良いでしょう。
青汁がおすすめの理由はhttp://xn--a-kb9b083j.com/に詳しく解説されていますが、
野菜からできているので栄養が豊富なところが魅力の一つだと思います。
青汁と聞くと未だに苦いイメージを持っている人が多くいますが、最近の商品は非常に飲みやすくなっています。
飲みやすい青汁として人気を集めている商品がこちらにありますのでご覧ください。