セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンでアレルギー改善

 

花粉症やアトピー性皮膚炎などは現代病ともいわれ、近年その患者は急増しています。
アレルギーのない人の方が少ないのではないかと思われるぐらい、さまざまな種類のアレルギーに悩まされる人が増えています。
そこで最近注目されているのがセサミンです。
食物アレルギーによるじんましんや炎症、花粉症による鼻炎や目の痒みなどの不快症状の改善にセサミンが有効であると言われています。
アレルギーの症状を起こしているのは「ヒスタミン」と言われる物質です。
ヒスタミンとは免疫系に関係する信号伝達物質で、アレルゲンが体内に侵入すると細胞から免疫系に働きかけ放出される微小分子です。
アレルギー反応は、ヒスタミンが過剰に放出された状態です。
ヒスタミンは脂質と大きな関係があります。
食事に含まれる脂質は、胃や腸から体内へと吸収されます。
私たちの体は血液中に含まれている脂質や蓄積されている脂質から生命維持に作用するさまざまな化学物質を作り出しています。
これを脂質代謝と呼び、アレルギーの不快な炎症を起こすヒスタミンもこの脂質から作られているのです。
この脂質代謝にセサミンが有効に働きかけることが研究の結果明らかになってきました。
セサミンには腸からの脂質の吸収を抑えたり、血中の脂質やコレステロールを減らしたりする効果があり、これはダイエット効果にもつながると言われて注目されていますが、これらは脂質代謝にセサミンが有効に作用した結果起こっていることなのです。
ヒスタミンはコレステロールから脂質代謝によって作られる「リン脂質」を原料として作られています。
しかし、セサミンを摂取することでその代謝をブロックし、リン脂質が過剰に生成されることを防いでくれるため、その結果ヒスタミンの生成を防ぐことに繋がるわけです。
また、セサミンの強い抗酸化物質は、アレルゲンのダメージを受けた肌を修復したり、粘膜の細胞がスムーズに再生したり修復されるように手助けしてくれるのです。
アトピー性皮膚炎などの改善が見られたのは、セサミンがヒスタミンを抑制し、肌の新陳代謝を活性化した結果だと考えられています。
このように、セサミンを摂取することはアレルギーの元凶ヒスタミンを抑制するばかりでなく、アレルギーで悪化した皮膚や粘膜の不快症状の改善にも大変有効なのです。