セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンの摂取量と副作用

 

健康効果が高く、サプリメントとしても多く販売されているセサミンですが、もとはといえばゴマから抽出されている天然成分です。
医薬品ではないので1日の摂取量に特に決まりはありませんが、だいたいの目安としては1日8~10mgが適量と言われています。
これは、ゴマ3000粒、小さじでおよそ30杯分に相当する量です。
これだけのセサミンをゴマ料理で摂取することは難しいことはすぐにおわかりでしょう。
また、ゴマが凝縮されたゴマ油のほうがセサミン含有量が多いため、ゴマ油を多く摂取すれば良いと思う人もいるかもしれませんが、ゴマ油を大量に摂取することは油脂の過剰摂取になり、コレステロールやカロリー過多が問題になります。
そのため、手軽に効率よくセサミンを摂取できるサプリメントが最も有効な手段だと言えます。
製品によっても違いますが、市販のサプリメントで上記の目安量を摂取するとなると、だいたい2~3錠ぐらいになります。
さまざまな効能が期待できるセサミンですが、一度に多量に摂取すれば効果が多く得られるというものではなく、即効性があるというものでもありません。
毎日少しずつ飲み続けることによって、徐々に効果を実感できるようになります。
摂取する時間やタイミングも特に決まっていませんが、朝食後、夕食後、就寝前など自分で一番飲み忘れがない時間を決めておくと、セサミンを摂取することが毎日の習慣として定着しやすいでしょう。
常用することで副作用の心配をする人もいますが、前述したように医薬品ではなく天然のゴマを主成分にした健康補助食品であるため、万が一大量に摂取したとしても特別な副作用はありません。
これまでも、セサミンの副作用としての症例が報告されたことはありません。
安心して毎日の摂取できる健康補助食品です。
また、セサミンと相性の良い成分として、ビタミンEがあげられます。
ビタミンEはセサミンと同じく抗酸化作用のある成分で、この二つをあわせて摂取することで効果がさらにアップすると言われています。
最近市販されているサプリメントの中には、あらかじめセサミンにビタミンEを配合したサプリメントも見られます。