セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンの肝臓の関係

 

セサミンの効果を語るうえで、切っても切れないもののひとつに肝臓があります。
セサミンが肝臓に与える効果、効能は非常に大きいものです。
セサミン以外にも有効な抗酸化物質はたくさんありますが、肝臓までしっかり届くのはセサミンの特徴なのです。
肝臓は人間にとってとても重要な役割を果たす臓器のひとつです。
人体の中では精密でとても強大な化学工場のような役割を果たしています。
その働きは、腸から運ばれた栄養素を元にして体の材料になるタンパク質の原料(アミノ酸)を作り出したり、エネルギーを生み出したりしています。
また、体内の毒素や有害物質を分解し、体外に排出する働きもあります。
他にもさまざまな働きがありますが、多少働きすぎても痛みなどを発することもなく黙々と働き続けるため、「沈黙の臓器」とも呼ばれたりします。
言い方を変えれば、肝臓に不調を感じ始めたときは、もうかなり症状が悪化している段階であることが多いのです。
このような事態にならないように、自覚症状がないときから日常的に肝臓をいたわり、負担をかけすぎないようにすることが健康維持のために大切です。
この肝臓は、非常に大きな化学工場の役割と果たすと前述しましたが、大きい分だけ活性酸素の発生も多くなります。
その量は、体全体の6~7割にも及ぶと言われています。
これらの有害な活性酸素を減らすために、肝臓内にはもともとSODと呼ばれる特殊な酵素を作り出す仕組みがあります。
しかし、このSODは20代後半あたりから徐々に減り始め、40代に入るとその減少量も多くなります。
つまり、活性酸素が除去しきれず肝臓にたまってしまうということです。
ここで有効な効果を発揮するのがセサミンなのです。
肝臓の抗酸化力が落ちた状態のところにゴマやサプリメントでセサミンを摂取することで、活性酸素を抑制する効果が期待できます。
セサミンは肝臓までしっかり届き、直接肝臓の活性酸素を退治する数少ない成分なのです。
この点が、セサミンが注目される大きな理由のひとつです。

▼セサミンサプリメントをお得に購入する方法がこちらに載っています。