セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンで動脈硬化予防

 

動脈硬化は、動脈にコレステロールや中性脂肪などが溜まって詰まったり、硬くなったりして弾力性を失った状態のことで、動脈硬化になるとスムーズに血液が流れなくなります。
動脈硬化が進行すると、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)を引き起こす恐れがあり、危険です。
この動脈硬化を予防するためにセサミンが有効であると言われています。
動脈の血管の内側は内皮細胞というものに覆われています。
内皮細胞は血管の中で血液が固まらないようにしたり、血管の内腔が潰れてしまわないようにするバリアのような働きをしています。
この内皮細胞のバリアに傷がついてしまうと、血管壁の中にLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が入り込んでしまいます。
血管壁の中で酸化してしまったLDLコレステロールを異物と感知した免疫系統は、異物を取り除こうとして白血球の一種マクロファージを放出し、血管壁に入り込みます。
壁に入り込んだマクロファージは、酸化したLDLコレステロールを次々に取り込んでいきますが、血管壁の中に留まったまましんでしまいます。
そこへまた新たなマクロファージが入ってきてLDLコレステロールを溜め込みます。
このようなことが積み重なった結果、血管内に不純物が溜まり、コブを作ってしまいます。
これが動脈硬化と言われる状態です。
限界を超えたコブは破裂し、それを修復しようとして血小板が集まり、いわゆる「かさぶた」を形成します。
かさぶたがはがれ落ち、血管を塞いでしまうことになると、心筋梗塞や脳梗塞へと発展し、命にかかわる状態にもなりかねません。
このような状態を予防、改善するためにセサミンが有効であるとして注目されています。
セサミンを摂取すると、食事から摂取した脂質が体内に吸収されるのを抑制してくれます。
また、セサミンの優れた抗酸化作用が、血液中のコレステロールが酸化してしまわないように働きかけるのです。
動物や人間を対象に行った実験では、セサミンが脂質代謝をコントロールするだけでなく、脂質を分解する酵素を活性化することもわかりました。
このような結果からも、セサミンが動脈硬化予防に効果を発揮すると考えられており、セサミンを毎日摂取することで日頃から動脈硬化を予防できると言えます。




↑動脈硬化の予防にはイソフラボンも良いそうです。