セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンでアトピー性皮膚炎を予防

肌が乾燥したような状態になり、強いかゆみを伴う「アトピー性皮膚炎」。
アレルギー性のアトピー性疾患に悩まされている方の数は、全国で40万人。
(平成26年の調査)
現在では、その数が増加していると言われています。
そんなアトピー性皮膚炎に、セサミンが予防効果を発揮してくれると期待されています。
今回は、セサミンのアトピー性皮膚炎予防効果・効能について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1.セサミンが期待されるアトピー性皮膚炎の予防効果

私達人間の生活が原意で、地球のオゾン層が破壊されているニュースは記憶に新しいと思います。
オゾン層が破壊された結果、今までよりも多くの紫外線が地球上に降り注ぎ、皮膚癌になる可能性が高くなっていると考えられています。

皮膚癌の要因の一つが活性酸素であると言われており、その要因はアトピー性皮膚炎も同様であると考えられています。
紫外線の増加がどれほどアトピー性皮膚炎の増加に影響しているのかは、現在も研究中ではありますが、楽観視はできません。

このような現状について、皮膚の健康状態を良好に保つと期待されているのがセサミンです。
セサミンが期待される根拠は、高い抗酸化作用によるものです。

皮膚炎症の要因が、活性酸素である可能性をお伝えしましたが、セサミンはその活性酸素生成を抑止する効果を発揮してくれます。
人間の体内で生成される活性酸素は、80%が肝臓、残りの20%がそれ以外と言われているのですが、セサミンは主に肝臓で活性酸素生成の抑止効果を発揮してくれます。
セサミンの効果で、活性酸素の体内濃度が適正な状態になっていれば、皮膚炎などの症状が出にくくなると期待されているのです。

2.さらなるセサミンのアトピー性皮膚炎予防効果

セサミンには、活性酸素の生成抑止効果だけではなく、皮膚に栄養を運搬する大切な経路である血管の状態を、健康な状態に改善する効果が認められています。
アトピー性皮膚炎の原因は、活性酸素による肌細胞の攻撃だけではなく、皮膚に対する栄養の運搬効率低下も原因であるとして研究が進められています。
食事で摂取した栄養を、無駄なく全身に届けるために、血管が健康であることはとても重要なポイントです。

セサミンは、肝臓の働きを助ける効果が認められており、血液をサラサラにする働きを促進させると考えられています。
具体的には、善玉コレステロールの生成を促進させる効果があると言われており、血管内部に溜まった悪玉コレステロールを除去し、血管を柔軟でしなやかな状態にしてくれると期待されています。

何もせき止められていないスムーズな血液の流れを維持できるなら、全身に必要な栄養素を運ぶこともスムーズになります。
スムーズな血流と栄養補給は、皮膚細胞の新陳代謝を促すと考えられており、セサミンによる新陳代謝促進も期待されているのです。

3.毎日のセサミンを続けましょう

セサミンがアトピー性皮膚炎に効果を発揮する可能性について、皆さんにお伝えさせていただきました。
健康的な状態に血管と血液を整え、高い抗酸化作用によって活性酸素の生成を抑止する。
このメカニズムがアトピー性皮膚炎の打開策になるかもしれないと期待されているわけですが、これは端的な話ではなく、長期的に体調を整えておく必要があります。

セサミンを摂取したからと言って、急に血管や血液の健康状態が改善されるわけではありません。
毎日のセサミンを続けることで、体内を健康な状態に傾け、皮膚炎になる可能性を低くする事が大切です。
毎日のセサミンでアトピー性皮膚炎予防、始めてみてはいかがでしょうか。