セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンで悪玉コレステロールを撃退

1.セサミンで悪玉コレステロールを撃退

動脈硬化の原因と言われる悪玉コレステロール。
健康診断などの検査で数値化され、基準値を超えると要注意とされてしまいます。
その悪玉コレステロールをセサミンで撃退しましょう。

定期的なセサミンで悪玉コレステロールを撃退し、善玉コレステロールを増やす効果が期待されています。
今回は、セサミンと悪玉コレステロールについて、皆さんにご紹介させて頂きます。

1-1.悪玉コレステロール撃退のメカニズム
セサミンで悪玉コレステロールを撃退するメカニズムとはどのようなものなのでしょうか?

多くのメディアや書籍で悪者として紹介される「悪玉コレステロール」は、肝臓で生成されます。
人間活動において、悪玉コレステロールの生成は絶対に避けては通れません。
その生成量が身体が処理できる量であれば問題ないのですが、処理できる量をオーバーすると悪玉コレステロールの血中濃度が上がります。
増えすぎた悪玉コレステロールは、血液内にある活性酸素とよばれる成分と結びつき、血管内部にこびりつきはじめます。
これが動脈硬化などの原因として考えられています。

セサミンには肝臓の働きを助ける効果が認められており、肝臓の悪玉コレステロール生成を抑制する効果が期待されています。
さらに、悪玉コレステロールを正常値に戻す働きを見せてくれる「善玉コレステロール(HDLコレステロール)」の生成と活性酸素の生成抑止効果も認められています。

セサミンによって善玉コレステロールが増加され、悪玉コレステロールが減少する方向へと導く。
これが悪玉コレステロールを撃退するメカニズムなのです。

1-2.悪玉コレステロールが増加する理由
悪玉コレステロールとは「LDLコレステロール」と呼ばれる脂質成分です。
悪者のように表現されてしまいますが、本来は体内の「ホルモン」や「細胞膜」を構成するために必要な大切な要素です。
事実、人間は悪玉コレステロールが無ければ生きていけません。
その悪玉コレステロールが人間に害をなしてしまう理由はただひとつ。
体内で過剰に増えすぎた場合です。

コレステロールは肝臓で生成されており、通常は「善玉コレステロール(HDLコレステロール)」と「悪玉コレステロール(LDLコレステロール)」がバランスよく生成されます。
しかし、肝臓に過度の負担をかけるような状況や、肝臓そのものの疲れによってその生成バランスが崩れると、悪玉コレステロールの生成量が増加します。
その結果、体内の悪玉コレステロール量が上昇し、細胞の生成やホルモンの分泌による消費量を上回り、余った状態になってしまうのです。

余った悪玉コレステロールは肝臓に脂肪として蓄えられるのですが、それすら間に合わなくなると血管内部にこびりつきはじめます。
こうして、動脈硬化や血栓の原因の一つになってしまうのです。

2.定期的なセサミンで悪玉コレステロールを撃退

ひっきりなしに働き続けている肝臓。
肝臓が疲弊しても傷みを感じることが難しい(傷みを感じた時には重い症状になっている可能性が高い)ため、なかなか悪玉コレステロールの増加に気づく事が出来ません。
動脈硬化などの症状が出てからでは時すでに遅しです。

そこでセサミン。
セサミンを定期的に摂取し、肝臓の働きを補助するように心がけていれば、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの生成バランスを良い状態に保てると考えられています。
「調子が悪くなったからセサミンを摂取する」のではなく、「調子が悪くならないようにするためにセサミンを摂取する」のが正しい考え方ではないでしょうか。
毎日のセサミンを続けて悪玉コレステロールを撃退し、健康的な血管と血液状態を保ってみてはいかがでしょうか。