セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンで白内障予防

1.セサミンで白内障予防

老化と共に眼球が白く濁ってくる「白内障」。
白内障は、人の老化現象として知られており、個人差はありますが誰しもが裂けては通れない可能性の高い病気として知られています。
そんな白内障の予防に、セサミンが効果を発揮してくれると期待されています。
今回は、白内障に対するセサミンの予防効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

2.白内障とは?

白内障とは、目の中でレンズの役割をしている水晶体が、年を重ねる毎に徐々に白濁してくる病気です。
人間は、年を取る毎に老化を感じるような症状が現れます。
シミやシワはその代表ですね。
髪の毛が薄くなる人もいれば、黒髪から白髪に変わる人もいます。
これと同様に、私達の「目」も老化してしまい、目の中にある水晶体が徐々に濁ってくるのです。

1-1.白内障のメカニズム
私達の目は、日常生活を送る為に大切な役割を担っています。
目で見たものが判断材料になり、目で見て学習する事もしばしばです。

その目が濁る要因の一つとして、活性酸素があげられています。
活性酸素は、血液中や眼球の中に存在しており、細胞から酸素を奪い取る(酸化させる)特性を持っています。
本来は、有害な物質を機能不全にするために働いてくれるのですが、数が増えすぎると正常な細胞を攻撃してしまいます。

血液中の活性酸素濃度は、肝臓と膵臓の働きにより調整されており、眼球内部の活性酸素は、血液から送られてくるビタミンCや眼球内部になる酵素の働きで調整されています。
それが、何らかの要因で血液中及び眼球内部の活性酸素量が増加し、正常な細胞が攻撃された結果、眼球が白く濁ってしまう症状が現れます。
これが白内障が発生する要因の一つと考えられています。

3 加齢による白内障の進行をセサミンでストップ

加齢によって、活性酸素の濃度調整能力が低下すると考えられており、主な要因は肝臓と腎臓の衰弱ではないかと考えられています。
さらに、眼球内部で働いている酵素の働きも弱くなり、眼球内部での活性酸素の働きを抑止する効果も減少してしまいます。

そこでセサミンです。
セサミンの摂取によって、肝臓及び腎臓の働きが助けられる効果が認められており、肝臓と腎臓の負担を軽減することで、余分な活性酸素の働きを抑止できると期待されています。
さらに、肝臓での善玉コレステロール生成促進効果により、血液がサラサラになり、栄養素を効率よく全身に届けることが出来るようになると言われています。
その結果、眼球へのビタミンC運搬も効率よく行われると考えられており、ビタミンCによる眼球内部での抗酸化作用が期待されています。
さらに、食事などでビタミンB群と同時に摂取することで、それらの栄養素を効果的に眼球まで届けることが出来ると考えられており、白内障の予防に繋がると言われています。

4 セサミンで抗酸化作用の促進

セサミンの抗酸化作用は、主に肝臓や腎臓で発揮される事が分かっていますが、その恩恵は全身に及びます。
セサミンの硬化によって、健康な血液、血管を維持できることで、肝臓が蓄えているエネルギーを効率よく全身に送り届けることが出来るようになり、ビタミンB群やビタミンC、ビタミンA等の抗酸化作用を発揮してくれる栄養素も、全身に送り届けることが出来ます。

眼球の抗酸化作用を促進させる栄養素を摂取しても、健康な血液を維持するために必要な、肝臓、腎臓、血管、血液が健康でなければ威力は半減してしまいます。
毎日のセサミンを続けることで、その栄養の循環をスムーズに整え、眼球まで栄養素を効率よく届けられるような素地が生まれると考えられています。
長期的な毎日のセサミンを続けて、眼球の老化である「白内障」を予防してみてはいかがでしょうか。