セサミン比較サイト

メインイメージ

ゴマの便秘改善効果

1.ゴマの便秘改善効果

いつまでも若々しくいられる有効成分として知られる「セサミン」。
その効果は、多くの女性の支持を得ています。
そのセサミンの発見によって注目されたのが「ゴマ」です。
有効成分であるセサミンの発見と共に、その素であるゴマも注目され、様々な活用法が紹介されるようになりました。
そんなゴマが便秘改善効果を発揮してくれることをご存知でしょうか。
ゴマによって、貴女の便秘が解消されるかもしれません。
今回は、ゴマの便秘改善効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。


1-1.ゴマの食物繊維
ゴマに多くの食物繊維が含まれていることをご存知でしょうか。
ゴマに含まれる豊富な食物繊維が、腸内環境の改善に威力を発揮してくれます。

食物繊維には、大きく「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類に大別されます。
ゴマに含まれる食物繊維は不溶性食物繊維です。
不溶性食物繊維は、水に溶けずに腸まで届き、腸内にある不要物質や余分な水分を吸収して膨れ上がります。
まるで、腸の中を掃除するスポンジのように働いてくれるのです。
このように、腸の中で膨れ上がった食物繊維は、腸の内壁を刺激し、腸の動きを促進させる効果が認められています。


1-2.弛緩性便秘に効果抜群
ゴマの食物繊維によって腸の中が掃除され、腸の動きを活発に促し、溜まった老廃物を体外に排出しやすくなる事を説明させていただきました。
このような働きによって解消される便秘は「弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)」と呼ばれています。

弛緩性便秘とは、腹筋力が低下することによって腸の「蠕動運動(ぜんどううんどう)」が弱まってしまい、腸内に老廃物が残りやすくなる便秘の事です。
寝たきりの状態など運動が制限された場合や、加齢による腹筋力の低下などで弛緩性便秘の症状が現れます。

ゴマに含まれる不溶性食物繊維の働きは、腸の蠕動運動を促進させる効果があるため、弛緩性便秘との相性が良いと考えられており、筋力回復のトレーニングが苦手な人にも進めることができる方法として期待されています。


1-3.直腸性便秘の人は要注意
便秘解消効果が期待されているゴマですが、直腸性の便秘であると診断されている人は注意が必要です。
直腸性便秘の場合、便秘の原因が直腸の動きにあるため、食物繊維が直腸にとどまってしまう可能性があるのです。
良かれと思って摂取したゴマによって、便秘が促進されてしまう恐れがあります。
直腸性便秘と診断されている人は、「不溶性食物繊維」の摂取を控える必要がありますので、ゴマの摂取を控えたほうが良いでしょう。


1-4.効果がない場合は医師に相談しましょう
貴女の便秘が弛緩性便秘以外の便秘であった場合、ゴマによる便秘解消は難しいかもしれません。
その場合は、かかりつけの医師に相談し、適切な処置を施してもらいましょう。

便秘の種類によっては、ゴマの食物繊維効果が仇となる場合があります。
心配な場合は、ゴマによる便秘改善を医師に相談してみましょう。