セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンで認知症を予防

介護の問題で頻繁に取り上げられている「認知症」。
人は誰しも老いからは逃げられず、自分自身も認知症になる可能性は十分にあります。
そんな認知症の対策として、セサミンが注目されていることをご存知でしょうか?
今回は、セサミンの認知症予防効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1.年々増加している老人性認知症

厚生労働省の調査データによると、2015年にはn260万人を突破しており、2020年には認知症患者が約300万人になると発表されています。
その数値は、年々上昇傾向にあり、高齢化社会から超高齢化社会に向けての問題点として様々な解決策が検討されています。
1980年代までは、「脳血管性の認知症」が多い傾向にあると考えられていましたが、近年の疫学研究によって、「アルツハイマーによる認知症」の患者が最も多いと発表されています。
アルツハイマーと脳血管性について、厚生労働省によると、脳血管性は男性に多く、アルツハイマーは女性に多いと言うことです。
若年性認知症に関しても注意が呼びかけられており、老人性の認知症だけではなく若い世代にも注意が必要な病気、それが認知症です。
認知症の程度には個人差があり、その症状の程度はまばらではありますが、老いによる痴呆を避けるのは難しく、誰しもが何らかの認知症状を実感していると言われています。

2.血管の老化が「人間の老化」

「人間の老化は血管の老化である」という考え方があります。
その理由は、血管が老化することによって血流が阻害され、十分な栄養素が身体を回らなくなる場合や、活性酸素等の影響を受けやすくなるからと言われています。
私達は、年齢を重ねると体力の衰えや顔などのシワ増加を感じるようになります。
それは自然の摂理であり避けられるものではありません。

実年齢よりも若いと言われる人達は、血管年齢が若いと言われており、肌の張りや艶が平均よりも良い状態を保っています。
若いと言われる多くの人が食事などの生活習慣に気を配っており、血液の状態も良好である事が多いです。

血管は人間活動のエネルギーを運搬する要であり、いかに栄養素の高い食事を摂取したとしても、それらが効率よく活用されなければ意味がありません。
従って、血管の老化、血液の状態を良好に保つ(維持する)事が、老化を防止する上で非常に重要であると考えられています。

血管の健康状態が老化を促進させると言うことは、年齢が若くても血管の状態によっては老化が進んでしまうと言うことです。
これは、若年性認知症に発展する可能性があり、食生活の乱れなどについて注意喚起されています。

3.セサミンの認知症予防効果

血管の老化が人間の老化に繋がっている。
そのような考えが本当に正しいのかどうか、現在でも研究は進められている状態ではありますが、仮にそれが真実だとした場合、血管年齢を可能な限り若い状態に保つ必要があります。
そこでセサミンです。

セサミンの強い抗酸化作用は、健康な血液と血管を維持するために必要な働きを見せてくれます。
セサミンは肝臓で威力を発揮する成分として知られており、悪玉コレステロールによって固くなってしまった血管に再び弾力を取り戻すための善玉コレステロールの生成を促進する効果が期待されています。

さらに、長期的にセサミンの摂取を続けることで、肝臓の負担が軽減され、健康な血液と血流に改善されることで、肝臓に蓄えられていたエネルギーを、満遍なく全身に届けることが出来るようになります。
しなやかで弾力のある血管を維持できれば、いつまでも若々しく、すっきりとした思考で生活できると考えられているのです。

4.健康的な血管で老化防止を実現

現在、多くの研究者が老人性認知症の改善に対するセサミンの効果を研究してくれています。
その一部の結果が、アンチエイジング効果として発表されており、セサミンで老化を遅らせ、いつまでも若々しく健康でいられると期待されているのです。
健康な血管を維持することで、老化を送らせて老人性認知症の予防を実施。
今日から、毎日のセサミンを始めてみてはいかがでしょうか。