セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンで糖尿病予防

1.セサミンで糖尿病予防

糖尿病とは、近年特に注意が呼びかけられている病気の名前です。
血液中のブドウ糖濃度が高まり、インスリンによる正常な代謝が行えなくなる病気として知られています。
その糖尿病を予防できると注目されているのがセサミンです。
今回は、セサミンによる糖尿病の予防について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1-1.糖尿病の現在
数十年前には、日本の糖尿病患者の数は45歳以上で500人に1人と言われていました。
しかし、厚生労働省が3年毎に実施している糖尿病患者の実態調査では、平成26年時点での患者数が316万人。
さらに、平成29年時点では、糖尿病患者の数が600万人を超えているとされています。

糖尿病予備群はさらに多いという予測もあり、かなりの数の人が糖尿病に悩まされている現実が浮き彫りになっています。
しかも、その数は上昇傾向にあると言うのです。
これは由々しき事態であり、糖尿病による治療費の負担も馬鹿にならない大問題と考えられています。

1-2.糖尿病のメカニズム
肝臓によって血液中に排出されたエネルギーの素(糖分)は、各細胞まで届けられて活用されます。
排出されたものが全て活用されれば問題ありませんが、活用されずに肝臓まで戻ってきた糖分は、次に排出されるエネルギーとして肝臓に蓄積されます。
もしも、生成される糖分(ブドウ糖)のエネルギー活用が追いつかなければ、肝臓内部にどんどんと蓄えられてしまうことになります。

そこで活躍してくれるのが、膵臓から分泌される「インスリン」です。
食事の内容や肝臓に蓄えられている糖分の排出によって、血中の糖分濃度が上昇した時、インスリンが糖分のエネルギー利用を促進させる働きを担います。
インスリンの働きによって、血液中の糖分が細胞に吸収され、エネルギーとして活用されるのです。

糖尿病とは、このインスリンの分泌量が少なくなってしまい、細胞のエネルギー利用がうまく機能しなくなる病気です。
インスリンの分泌が少なくなってしまう要因の一つが「活性酸素」の働きであると言われています。
活性酸素がインスリンを分泌してくれる細胞を攻撃し、インスリンの分泌量が減少すると考えられています。
さらに、エネルギーを活用する細胞内のミトコンドリアもダメージを受けてしまうと考えられています。

ダメージを受けたミトコンドリアは、本来生成できるはずのエネルギーを満足に生成できなくなり、効率よく糖分を消費することができなくなってしまうと言われています。
その結果、血液中の糖分濃度が上昇してしまうのです。

1-3.セサミンによる血糖値の減少効果
糖尿病の根源が活性酸素としたとき、その活性酸素の余剰生成を抑止する成分として注目されているのがセサミンです。
セサミンの強い抗酸化作用により、肝臓及び腎臓で生成される活性酸素を正常値に近づける働きが認められています。

肝臓と腎臓から活性酸素が多く生成されるタイミングは、解毒の処理をしている時と言われています。
解毒処理のタイミングで余剰生産されてしまう活性酸素をセサミンで抑止できれば、必要なだけの活性酸素量で事足りると期待されているのです。

糖尿病は合併症に注意しなければならない病気としても知られていますが、セサミンの抗酸化作用によって、合併症の可能性も低くすることが出来ると考えられています。
動脈硬化や網膜症、腎臓病や神経障害などの合併症を、セサミンの抗酸化作用によって予防し、それが血糖値の減少に繋がって、糖尿病の予防にも繋がります。

1-4.長期的なセサミンを
セサミンの糖尿病予防について、皆さんに様々な情報をご紹介させていただきました。
これらの作用は、症状が現れてから間に合うものでは無いと言われています。
糖尿病を予防するには、長期的な食生活の管理改善が最良であると言われています。
同様に、セサミンを摂取する場合も、長期的な観点から、毎日摂取することが望ましいと考えられています。
毎日のセサミンで、糖尿病予防、始めてみませんか?