セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンの疲労回復効果

1.セサミンの疲労回復効果

しっかり寝たはずなのに、寝起きの身体が重い。
夜勤や残業が続いて体力が持たない。
そんな悩みを持っていませんか?
その悩み、セサミンで解決できます。
今回は、セサミンによる疲労回復効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1-1.肝臓からエネルギーを生み出す
口から摂取されたセサミンは、胃腸で吸収され、血液に乗って肝臓に到達します。
ここからがセサミンの本領発揮。
セサミンは肝臓に到達すると抗酸化物質として作用し、肝臓の働きを助けてくれます。

肝機能を低下させる細胞の酸化を防ぐ事が認められており、肝臓の「血液ろ過」「エネルギー生成」「栄養素の分別と送り出し」を強力にサポートしてくれます。
このように、多くの役割りを担っている肝臓の機能回復に高い効果を示してくれるのです。

肝臓では、内蔵や身体を動かすための「エネルギーの素」が生成されます。
そのエネルギーの素が血管を通じてどんどんと全身に送り出されていきます。
セサミンによって肝臓が元気になり、人間活動のためのエネルギーを効率よく生み出せる事に繋がりますから、結果として「疲れを感じにくい」状態になるのです。

1-2.回復力の向上と代謝の向上
セサミンを摂取することによって、疲れを感じにくい身体に変化することをお伝えさせていただきました。
次は、セサミンによる疲労回復効果についてです。
疲労を回復させるためには、必要な栄養素を体中に巡らせ、活動するためのエネルギーを細胞に充填させる必要があります。

元気な肝臓とスムーズな血流によって、必要な栄養素が体中に運ばれるわけですが、運ばれるだけでは不十分です。
運ぶだけではなく、細胞にエネルギーが充填されなければ疲労回復にはなりません。
セサミンには、細胞にエネルギーを充填するために必要なビタミンB群(ビタミンB1,B2,B6)が含まれており、細胞へのエネルギー充填を効率よく行う効果があります。
さらにセサミンには、細胞を酸化させる事で有名な「活性酸素」の働きを抑える効果も持ち合わせています。
活性酸素によって傷つけられた細胞は、上手にエネルギーを受け取れなくなると言われており、その働きを抑制できるセサミンによって、エネルギーを受け取れる細胞の数を増やすことができるのです。

このように、運動によって疲労(エネルギーを使いきった)した細胞に、新たなエネルギーを充填することで、細胞レベルで疲労回復できると考えられています。

1-3.疲労回復の効果的なタイミング
では、どんなタイミングで摂取すれば疲労回復効果を高められるのでしょうか。
単純に考えれば、エネルギー消費量よりもエネルギー充填量を多くすれば疲労回復に繋がります。

エネルギー充填量を多くしたいならば、食事のタイミングで同時にセサミンを摂取するのが効果的でしょう。
また、身体を回復するタイミング(就寝時)の回復効果を向上させるならば、就寝前に摂取すると効果的ですね。
セサミンによって細胞へのエネルギー充填が促進されるのであれば、定期的に摂取すれば効果的に疲労回復に繋がると考えられます。

2.毎日続けて常にエネルギッシュな身体に

いかがでしたでしょうか。
セサミンによって、肝臓が元気になりエネルギーが体中に巡るメカニズムを知っていただけたかと思います。
忙しく働く現代の社会人において、疲労回復は重要なテーマです。
毎日のセサミンを続けることで、疲れにくくエネルギッシュな状態になれると考えられます。
「疲れにくくエネルギッシュ」であれば、何事も前向きにチャレンジできそうな気がしますね。