セサミン比較サイト

メインイメージ

γ-GTP値の上昇をセサミンで抑制

肝機能異常を計る数値として知られているγ-GTP(ガンマジーティーピー)。
51IU/L以上は肝機能異常の疑いがあると言われています。
そのγ-GTP値の上昇を抑止する効果があるとして期待されているのがセサミン
です。
今回は、セサミンによるγ-GTP値上昇の抑止効果について皆さんにご紹介させ
て頂きます。

1.γ-GTPの働き

γ-GTP(ガンマグルタミルトランスペプチダーゼ)の役割は、タンパク質を分
解し、再び合成する働きを促進させてくれます。
タンパク質を分解し再び合成する働き。
なんのことやらと思うのが当然です。
しかし、読んで字のごとく、タンパク質を分解し再び合成する働きに間違いは
なく、その働きのおかげで、私達の肝臓や膵臓は健康を保っていると言っても
過権ではありません。
その働きのおかげで、壊れた細胞を修復してくれると言われています。

実は、γ-GTPは数が増えたからといって問題になるわけではありません。
何の害にもならない酵素なのです。
では、何故γ-GTPの数を計るのでしょうか?
それは、γ-GTPが分泌される状態に理由があります。

γ-GTPが分泌されるときは、肝臓か腎臓のどちらかの細胞が壊れている(傷つ
いている)からです。
γ-GTPは主に肝細胞や胆管細胞に存在しており、胆汁の中にも存在しています。
つまり、γ-GTPが分泌されると言うことは、肝細胞や胆管細胞が何らかの理由
で破壊されていると考えられます。

破壊された細胞を再び修復するために、分泌されるγ-GTPが細胞の再合成を行
う。
これがγ-GTPの働きです。

2.セサミンによるγ-GTPの生成抑止

γ-GTPの数値が上昇していると言うことは、肝臓か腎臓の細胞が壊されている
ことを意味します。
γ-GTPの数値が高くなる病気は、肝炎や脂肪肝などがあり、他にも胆石や胆道
癌などで胆道がつまった場合にも数値が上昇します。

つまり、これらの病気を予め予防できていれば、γ-GTPの数値上昇を未然に防
ぐことが出来るのです。
そこで注目されたのが、セサミンの肝臓と腎臓に対する抗酸化作用と、脂肪肝
の防止効果です。
特に脂肪肝に対する効果・効能は大きな期待を寄せられています。

脂肪肝とは、肝臓に脂肪が蓄えられすぎた状態です。
脂肪細胞が肝臓の細胞を傷つけ破壊するため、γ-GTPの数値が上昇すると考え
られています。
セサミンによって、脂肪を効率よくエネルギーに変換する働きが促進され、血
液サラサラ効果により、生成したエネルギーを効率よく全身に巡らせることが
できます。
その結果、破壊された肝細胞や腎臓細胞の修復が進むと考えられており、
γ-GTPの分泌量が減少すると言われています。

3.暴飲暴食を控えることも大切

セサミンによるγ-GTPの数値上昇予防について、皆さんにお伝えさせていただ
きました。
セサミンによって細胞の新陳代謝も促されますから、予防だけではなくγ-GTP
の働きも促進できると考えられています。

しかし、そのような優れた組み合わせ効果が発揮されるからと安心して、暴飲
暴食を行っては意味がありません。
摂取よりも処理能力が下回ってしまうと、γ-GTPの数値が下がりにくくなるか
もしれません。
そもそも論として、暴飲暴食は控えることが大切です。

セサミンによるγ-GTP生成の抑止効果。
今から始めてみてはいかがでしょうか。