セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンで二日酔い予防

1.セサミンで二日酔い予防

会社帰りにちょっと1杯。
接待や付き合いなど、社会人になるとお酒を飲むシーンに多々遭遇します。
そこで問題になるのが「二日酔い」です。
その二日酔いにセサミンが効果を発揮してくれる事実をご存知でしょうか?
今回は、セサミンの二日酔い防止効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1-1.頑張れ肝臓!
身体が重い、気持ち悪いなど、「死にはしないよ~」と言われる症状ではありますが、思った以上につらいものです。
セサミンを飲めばいくら飲んでも大丈夫!というわけではありませんが、セサミンは二日酔い防止について一定の効果が認められています。

アルコールは中性脂肪やエネルギー源として分解され、体中の各細胞に運搬されます。
不要なアルコールは、炭酸ガスと水になり、体外に排出される仕組みになっています。

このようにきちんと処理されるアルコールですが、、肝臓が1時間に処理できるアルコール量をご存知でしょうか?
肝臓が1時間に処理できるのは、成人の身体として平均「日本酒約4分の1合」と言われています。

お酒を飲んだ場合の肝臓の働きを時間で計算してみましょう。
例として、毎日晩酌をし3合のお酒を飲んでいたとしたら、単純計算で12時間フル稼働していることになります。
12時間です、結構な働きっぷりです。

肝臓がフル稼働で働いても、アルコールを完全に処理できずに翌日を迎えてしまったら・・・それが二日酔いです。

1-2.セサミンで頑張る肝臓をサポート
好きな人にはやめられないお酒。
やむを得ずお酒を飲まなければならない人もいますし、もともと肝臓の働きが弱い人だっています。
そんな人の救世主として期待されているのがセサミンです。

セサミンは脂溶性の物質として知られており、胃腸で分解吸収されず「門脈」で吸収される特徴を持っています。
(門脈とは脾臓や消化器から送り出された血液を肝臓に届ける血管)このような特徴から、セサミンは直接肝臓まで届いて効果を発揮すると言われています。

セサミンの優れた抗酸化作用によって、肝臓の疲れを和らげ、可動効率をアップさせてくれると考えられています。
その効果によって、肝臓のアルコール分解処理が促進され、翌日に残りにくくなると期待されているのです。

2.定期的なセサミンで常に元気な肝臓を

セサミンを摂取することで肝臓の働きが促進され、アルコールの分解能力が上がる仕組みを説明させていただきました。
普段なら翌日につらい思いをするような状況でも、セサミンによってすっきりとした朝を迎えられる可能性が生まれます。
定期的にセサミンを摂取することで、常に働ける肝臓を維持しておけば、急に飲みに行かなければならなくなった場合でも二日酔いになり難いはずです。

適量であれば「百薬の長」といわれるお酒。
飲み過ぎには注意しましょう。