セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンによる心臓病予防

1.セサミンによる心臓病予防

私達の身体の中で常に鼓動している心臓。
母親のお腹の中にいるときから活動している臓器です。
その心臓の病気(心臓病)の予防に、セサミンが注目されています。
今回は、セサミンの心臓病予防について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1-1.とにかく働き続ける心臓
毎日毎日、止まること無く動き続けている心臓。
心臓が止まると生命活動を維持することが出来なくなるため、心臓が休まるタイミングなどありません。
心臓は、新鮮な血液を血管を通して押し流し入れ、くまなく全身に必要な栄養素と酸素を届けます。
心臓は人間の体の中を巡る高速道路のようなものであり、その高速道路の上を様々なタンパク質や酵素が行き交っています。

心臓は私達の身体の中で、血液を循環させるポンプの役目を担っており、毎分約70回、一定のリズムで心臓の筋肉を動かしています。
心臓が1回で送り出す血液の量は60ml、1分間に約5リットル、500mlペットボトルなら10本分の量です。
気の遠くなるような量の血液を送り続ける臓器、それが心臓です。

1-2.心臓を弱らせる活性酸素
絶えず働き続けている心臓の筋肉は、酸素と栄養をたくさん必要とします。
その酸素と栄養を摂取するため、心臓には、まるで網のように血管(冠動脈)が張り巡らされています。
その冠動脈が、活性酸素によって攻撃を受けると、十分に血液が循環できない状態になる可能性があります。
具体的には、活性酸素の影響によって血管が固くなり、悪玉コレステロールが蓄積して血流を阻害する可能性が出てきます。

本来の冠動脈は、強力な心臓のポンプ圧にも対応できるように、しなやかで柔軟性のある血管です。
しかし、活性酸素の影響による血流の阻害が起こると、スムーズな血の流れが失われ、最悪の場合は血流が止まって(虚血して)しまいます。
このような状態が心臓病の元凶になると考えられています。

このように、増えすぎた活性酸素は心臓を弱らせる可能性があり、無駄な活性酸素の除去及び生成の抑止が求められているのです。

1-3.セサミンで動脈硬化を防ぎ、心臓病を予防
心臓の大切な血管を痛めてしまう活性酸素。
この活性酸素の生成を抑止してくれると期待されているのがセサミンです。
セサミンは、強い抗酸化作用を持っており、血管内の活性酸素濃度を通常まで引き下げてくれると考えられています。

さらに、セサミンの効果によって、肝臓で行われる善玉コレステロールの生成が促進されると考えられており、善玉コレステロールによる悪玉コレステロール撃退効果も促進されると期待されています。
この効果によって、動脈硬化防止にも繋がると考えられており、セサミンによる心臓病予防に効果を発揮してくれると言われています。

1-4.セサミンで心臓を労る
ひたすらに働き続ける心臓を労る。
それは、心臓の働きを少しでも順調にスムーズにしてあげることです。
そのために毎日のセサミン摂取は、とても有効であると考えられており、動脈硬化を防止することで心臓病の発生リスクを劇的に減少させられると言われています。
毎日のセサミンで健康な心臓を。
今日から始めてみてはいかがでしょうか。