セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンの効果的な摂り方

1.セサミンの効果的な摂り方

高血圧予防やアンチエイジング効果に期待が寄せられているセサミン。
毎日を健康に過ごしたい多くの人に支持され、様々な商品が販売されています。
毎日摂取するなら、より効果的な摂取方法を知りたくはありませんか?
今回は、セサミンの効果的な摂取方法について、皆さんにご紹介させて頂きま
す。

1-1.セサミンを摂取する効果的なタイミング
ゴマに含まれるポリフェノールとして注目されているセサミン。
近年の研究によって「摂取後の2~3時間程度しか抗酸化作用が持続しない」
可能性が見つかっています。
この研究結果は、ポリフェノール全般に言える事として考えられており、大豆
やワイン、お茶なども同様です。
つまり、食事のタイミングで摂取するのは的を得ていると考えられます。
多くの人が食事のタイミングでお茶を飲んでいますが、これはポリフェノール
摂取の観点から言えば非常に合理的なタイミングです。

朝食→昼食→おやつ→夕食

このタイミングでセサミンを摂取すれば、継続して高い抗酸化作用を持続でき
そうです。
ただし、ポリフェノールの1日の摂取量は1500mgが適量とされており、セサミ
ンの摂取量も同様ですので注意が必要です。
過剰摂取したからと言って副作用は無いと言われていますが、無駄に摂取する
よりは効率的に摂取するほうが望ましいと考えられます。

1-2.様々な食材と一緒に摂取
セサミンだけで1日の摂取量である1500mgを目指しても良いとは思いますが、
どうせなら様々な食材と一緒に楽しむことをお勧めします。
さらに、それらの食材にもポリフェノールが含まれているなら相乗効果も期待
できます。
セサミンには、胃腸の働きを補助してくれる効果が期待されており、栄養素の
吸収率をアップさせてくれると考えられています。
栄養価の高い食材と一緒に摂取すれば、より高い健康効果が期待できそうです。
食事にはお茶が付きものですし、豆腐や納豆などの大豆製品も手軽です。
おやつ時にはチョコレートもお勧めですね。
大豆製品やチョコレートもポリフェノールを含む食材ですから、セサミンとの
相性も抜群です。
油分や脂質を一緒に摂取したいなら、「ゴマ」と一緒に摂取するのも良いアイ
デアです。
ゴマから抽出された成分がセサミンですから、ゴマ食品との相性はバッチリで
すね。

2.効果的な摂取で毎日を健康に

高い抗酸化作用が認められているセサミン。
毎日続けることで健康を維持できる成分として期待されていますが、期待通り
の働きを求めるならば、効果的な摂取方法を気にしたほうが良いに決まってい
ます。
1日の摂取量である1500mgを超えるても、抗酸化作用の効果に違いがないと言
われていますから、その範囲内で様々な食材を選んでみてはいかがでしょうか。
様々な食べ合わせを考えるのも楽しそうです。
セサミンで健康的な毎日をスタートしてみてはいかがでしょうか。