セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンで高脂血症予防

1.セサミンで高脂血症予防

「高脂血症」という病名を聞いたことがありますでしょうか?
30%以上の成人がこの高脂血症という症状に当てはまっている可能性があると言われています。
この高脂血症は動脈硬化になる可能性が高い状態にあると考えられており、近年注目されている病気です。
この注目されている病期の予防に、セサミンが効果的であると期待されています。
今回は、そんな高脂血症とセサミンでの予防について、皆さんにご紹介させて頂きます。

2.高脂血症とは?

一般の人にとって、聞き慣れない病名の「高脂血症」とはどんな病気なのでしょうか。
高脂血症とは、血液に含まれているコレステロールや中性脂肪などの脂肪分の含有量が、正常値に比べて増加している状態を呼びます。
つまり、糖質や脂質の多い食事などが原因で起こる、血液の脂肪異常です。

血清中の総コレステロールの量が220mg/dl以上を「高コレステロール血症」と呼びます。
空腹時の血清中性脂肪値150mg/dl以上を「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と呼びます。

近年の研究では、30歳~40歳代で高脂血症と診断される人が増加傾向にあり、研究を行っている臨床試験グループの発表によると、日本の高脂血症患者は、約3000万人に達すると言われています。
厚生省の発表によると、50歳代以上の男性50%、女性の30%が高脂血症と診断されており、他の血清脂質異常患者と合わせると、実に中高年全体の30%~50%にまでのぼると発表されています。
人数で換算すると、約1500~2000万人という計算になります。

2-1.高脂血症は動脈硬化になる危険因子
高脂血症患者が増大した原因は、日本人の食生活の変化と乱れにあると言われています。
野菜と魚中心の食生活に対し、肉と穀物中心の食生活(欧米スタイル)が取り入れられ始めた事で、高タンパク、高カロリーの食事が簡単に手に入るようになりました。
さらに、生活環境も一変し、便利な世の中(機械化、自動化等)のおかげで、歩く距離など自らの身体を動かすチャンスも必然的に減少しています。

消費されないエネルギーは、コレステロールや脂肪として身体の中に蓄えられます。
血液中に増加したコレステロール(悪玉コレステロール)が、血管の内壁から中へ入り込み、活性酸素と結びついて血管に張り付きます。
血管に張り付いたコレステロールを、マクロファージという物質が除去しようと働いてくれるのですが、量が多いと処理が追いつきません。
その結果、血管の壁を押し上げて狭くし、血液の流れを悪くしてしまうのです。

これが、高脂血症による動脈硬化へのメカニズムと考えられています。

3.セサミンで高脂血症予防

悪玉コレステロールの排除。
これを行うための有効成分として期待されているのがセサミンです。
セサミンは、強い抗酸化作用を持っており、肝臓内部で生成される善玉コレステロールの生成を促進させる効果が認められています。

善玉コレステロールは、血液の中に排出されると、悪玉コレステロールを取り除く効果を発揮することで知られており、血管内部の余分な悪玉コレステロールを減少させてくれます。
さらに、セサミンには、余分な活性酸素の生成そのものを抑止する効果も認められているため、高脂血症から動脈硬化に繋がる活性酸素の血中濃度を正常値に近づける効果が期待されています。
このように、セサミンの持つ効果・効能は、高脂血症予防に対して優れた防止効果を発揮してくれると考えられているのです。

4.続けようセサミン

いかがでしたでしょうか。
問題視されている高脂血症に対して、セサミンがいかに有効であるのかを理解していただけたかと思います。
毎日のセサミンと、栄養バランスを考えた食事を心がければ、常に血液と血管内部を健康な状態に保てそうです。

血管は身体のエネルギーを届ける大切な運搬路です。
毎日のセサミンで健康な血管を維持し、高脂血症予防に心がけましょう。