セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンで高血圧予防

1.セサミンで高血圧予防

セサミンに血圧を下げる効果が期待されていることをご存知でしょうか?
成人病として悪名高い高血圧は、様々な病気へのリスクが高まるため、事前に予防したい症状として知られています。
そんな高血圧に対し、近年のセサミン研究によって、定期的な摂取による血圧低下効果機能が見つかっているのです。
今回は、セサミンによる高血圧予防について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1-1.セサミンが高血圧予防に効く根拠は?
セサミンが高血圧予防に効果を発揮してくれると考えられる根拠。
それは、セサミンが持つ高い「抗酸化作用」の働きに他なりません。

外敵(ウィルスや病原菌)から身体をを守ってくれる「活性酸素」と呼ばれる成分があります。
この成分のおかげで、健康な身体を維持できているのですが、体内含有量が増えると、その高い攻撃性が仇となり、正常な細胞を傷つけてしまいます。
その結果、「老化」が促進されてしまい、筋肉の衰え(シワやタルミの原因)や血管の硬化が現れやすくなると考えられています。
その活性酸素の体内含有量を減少させてくれるのがセサミンです。
セサミンによって、活性酸素本来の機能である「外敵から身を守る」状態を維持できるようになり、高血圧になるリスクを軽減できると考えられています。

1-2.動脈硬化を防いでくれるセサミン
血管の硬化が高血圧の症状に繋がりやすいのはご存知の通りですね。
血管が固くなってしまうことで、血液の流れが阻害されてしまい、阻害された部分に不純物(脂肪成分など)がこびりついてしまう場合があります。
血管が固くなり、血液の流れるスペースが少なくなると、どうしても血液を送り出すための圧力が過度にかかってしまいます。
そうなってしまう前に、セサミンです。
セサミンの硬化によって柔らかくしなやかな血管を維持し、不純物が少なく栄養が豊富に含まれている血液を維持できると期待されています。

血液の健康状態に密接に関係している臓器は「肝臓」です。
セサミンはその肝臓に直接働きかけてくれる成分として知られています。
肝臓の働きが効率化されれば、余分な活性酸素の発生を抑えることができるだけではなく、細胞が必要とする栄養素を多く排出できるようになります。
高血圧の予防を考えるならば、健康な肝臓は必要不可欠です。

1-3.毎日のセサミンで高血圧予防
セサミンなら、毎日続けることが苦にならないほど手軽に摂取できます。
好みに合わせて、サプリメントやドリンクなど気分を変えることもできますね。

しなやかな血管と健康な肝臓を維持できれば、高血圧に繋がる要素を予防できそうです。
毎日のセサミンで高血圧予防を心がけ、いつまでも健康にエネルギッシュでありたいですね。