セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンによる腎臓病(腎臓疾患)予防

1.セサミンによる腎臓病(腎臓疾患)予防

体内の老廃物をろ過し、水分の再吸収と調整を担い、血圧を安定させて新たな血液を作り出す臓器。
その腎臓が炎症を起こしてしまう病気の患者増加に伴い、腎臓病(疾患)の予防に注目が集まっています。
そして、その予防にセサミンが大きく期待されています。
今回は、注目されるいくつかの腎臓病と、セサミンによる予防について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1-1.年齢によって衰える腎臓の働き
送られてくる血液中から老廃物を除去し、尿として体外に排出働きを担う腎臓。
それと同時に、血圧の調整や赤血球の増加を促進するホルモンの分泌などの働きも行っています。
腎臓は肝臓と同じく、とめどなく送られてくる血液を処理する臓器ですので、ひたすら働き続けています。
そのため、腎臓の活動には多くのエネルギーを必要とし、その結果、活性酸素が発生しやすくなっています。
この活性酸素は、有害物質を撃退する為に生成される物質ですので、必要な物質ではあるのですが、増えすぎると腎臓の細胞を攻撃してしまう特性を持っています。
そこで、腎臓にはその活性酸素の過剰発生を抑止するための「抗酸化酵素」が分泌されており、適度な活性酸素の量を保てるようになっています。

このように、活性酸素の生成量を調節する機能を駆使しながら、健康な状態を保っている腎臓ですが、年齢を重ねることで「抗酸化酵素」の分泌量が減少してしまいます。
すると、活性酸素の過剰生成を抑止することが難しくなり、腎臓に障害(腎炎)が発生する可能性がでてくるのです。

1-2.腎線維化障害
近年、腎線維化障害と呼ばれる病気に注意が寄せられています。
組織線維化は、脳意外の主要な臓器に生じる症状であり、線維化を起こした臓器が最終的に機能不全にまで陥ってしまう病気です。
腎線維化は、急性腎障害の予兆や慢性腎臓病の進行に関係していると考えられており、腎機能の低下に繋がると言われています。
症状が進んでしまうと、人工透析などの治療を必要とする病気であり、近年の高齢者に多く見られる障害として注目される理由でもあります。

一度線維化が進んでしまうと、腎臓が元の状態になることはありえないと言われています。
つまり、腎臓は大切に使い続け、可能な限り長い期間健康でいられるように生活する必要があります。

1-3.セサミンによる腎線維化の予防
ラットを用いた実験によると、腎臓の腎線維化は、「NADPHオキシダーゼ」という酵素によって、活性酸素が生産されることが原因であると考えられています。
つまり、活性酸素の過剰な生産を抑止することができれば、腎臓の線維化を防げると考えられます。

活性酸素に関する抑止効果ならセサミンです。
腎臓の過剰な活性酸素生産に、セサミンの高い抗酸化作用が抑止効果を発揮してくれると期待されています。
肝臓の活性酸素生産を抑止してくれると言われているセサミンは、腎臓でも同様の働きが期待されており、活性酸素による細胞の酸化を防いでくれると言われています。

1-4.毎日のセサミンで腎臓を健康に
高齢者の間で増加していると言われる「腎線維化」。
症状が進むと腎不全の症状に発展する可能性があるとも言われています。
毎日のセサミンを続けることで、余剰な活性酸素の発生を抑止し、大切に腎臓を使い続ける意識を持つことで予防を実施しましょう。