セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンの肝臓への働きかけ

1.セサミンの肝臓への働きかけ

人間の老化に直接関係する「肝臓の酸化」。
その酸化を抑制できる効果が期待されている物質がセサミンです。
今回は、セサミンの"肝臓への働きかけ"について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1-1.40歳が活性酸素対応の曲がり角
人の年齢で40歳を超えると、余分な活性酸素の抑制効果が弱まると言われています。
活性酸素とは、人間の体を酸化させると言われている物質です。
本来はウィルスや病原菌から身を守ってくれる物質ですが、体調によって正常な細胞を攻撃する特徴を持っています。

私達の体には、この活性酸素から身体を守るために、活性酸素を無害化する酵素が存在します。
その酵素は、肝臓で作成されるのですが、40歳を超えるとその機能が弱まってしまい、活性酸素の抑止効果が減衰してしまいます。
これは、個人差があるものの、人の老化現象としてはどうしようもない自然の摂理です。

最近では、生活習慣の乱れによって、この40歳と言う年齢に達するまでの20代~30代の年齢でも、肝機能が低下している人が増加しており、40歳を待たずして活性酸素の対応能力が衰えてしまっている人もいます。

1-2.セサミンで中性脂肪の酸化を抑止
セサミンには、強い抗酸化作用が認められており、肝臓で生成される活性酸素を適度に保つ効果が期待されています。
肝臓の働きには大きく「代謝」「解毒」「消化促進」の3つがあるのですが、「解毒」の処理を行うと活性酸素の生成が促進されます。
解毒のためにガードマンである活性酸素が大量に生成されるわけですね。

適度なガードマンの数なら問題無いのですが、余分にガードマンが生成されれば、中性脂肪を酸化させてしまう可能性があります。
そんな時にセサミンです。
セサミンの強い抗酸化作用によって、肝臓の解毒処理による活性酸素生成を抑止することができ、必要な活性酸素量を維持できると考えられています。
余分な活性酸素が生成されなければ、肝臓に蓄えられている中性脂肪を酸化させるリスクが減少できる理屈になります。

1-3.定期的なセサミンで肝臓をパワフルに
「細胞が酸化する」とは、それすなわち「老化」と考えられています。
しかも、それらは肝細胞だけではなく、肌細胞などの他の細胞にも同じことが言えるのです。
活性酸素による細胞の老化は、年齢によって防げなくなるのが自然の摂理ではありますが、毎日のセサミンを摂取することで、その老化を遅らせることが出来ると期待されています。

約3000億個の肝細胞で出来ていると言われている肝臓。
そこには、約200種類もの酵素が存在し、約500もの複雑な処理をしていると言われています。
その働きの結果を守ってくれる活性酸素ですから、余分に活性酸素が生成されなければ肝臓の恩恵を十分に受け取れる理屈になります。

セサミンは、余分な活性酸素の生成を抑止する効果が認められており、「糖分」「脂肪」「タンパク質」からエネルギーを生成する働きを補助してくれる働きが期待されています。
常に働き続けている肝臓ですから、その働きは毎日実施されるのがベストですね。
つまり、毎日のセサミンを実施すれば、毎日働き続けている肝臓を常にサポートできると考えられます。
毎日の食事のタイミングや寝る前のタイミングでセサミンを摂取し、自身の老化防止を心がけましょう。