セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンで更年期障害対策

1.ゴマリグナン類(セサミン)で更年期障害対策

セサミンに代表されるゴマリグナン類は、肝臓機能の向上や、抗酸化作用が認められている他、更年期障害の改善にも効果を発揮してくれると言われています。
アンチエイジングや美肌効果ばかりではなく、女性特有の病気にも効果を発揮してくれる優れた成分です。
今回は、強力なゴマリグナン類(セサミン)による「更年期障害対策」について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1-1.女性ホルモンと同様に働く「ゴマリグナン」
セサミンやセサモールといった「ゴマリグナン類」は、「植物性エストロゲンとも呼ばれ、医療の現場でも注目されている有効成分です。
医療の現場で注目されている理由は、植物性エストロゲンが女性ホルモンとして知られている「エストロゲン」と同様の働きを見せてくれるから。

エストロゲンは女性ホルモンの一種で、別名「卵胞ホルモン」と呼ばれる成分です。
エストロゲンによって女性が女性らしいプロポーションを保てるようになり、妊娠に適した子宮内環境を整える能力が養われ、排卵を活発化させる働きを担っています。
このホルモンは、20代から30代の性成熟期に多く分泌され、妊娠や出産へと導くホルモンとして紹介されます。

このように女性らしさが強調されるホルモンですが、40代後半からは生殖機能の衰えに伴い分泌量が減少する傾向にあります。
これが更年期障害の直接的な原因と考えられているのです。

人間である以上、年齢や体質によるエストロゲンの減少は避けて通れません。
ならば、何らかの方法でそれを補う事ができれば、更年期障害の発生を遅らせたり症状を緩和させる事ができるはずです。
植物性エストロゲンは、不足してしまったエストロゲンを補う成分として期待されており、実際に補うことができていると言う研究結果が発表されている注目の成分です。
このような理由から、植物性エストロゲンであるゴマリグナンの研究が進められ、更年期障害に対するセサミンの効果・効能が期待されているのです。


1-2.セサミンで更年期障害対策を
エストロゲンの減少が、直接的な更年期障害の要因であり、その対策としてゴマリグナン類(セサミン)が有効である事を説明させていただきました。
更年期障害は、女性ならではの症状であり、それを避けて通ることは非常に難しいでしょう。
そうであるならば、可能な限り早い段階でエストロゲンを補う行動を起こすべきではないではないでしょうか。

不足したタイミングを見計らって(症状が現れはじめてから)セサミンを摂取するのではなく、普段から定期的にセサミンを摂取することによって、いつまでも女性らしく健康な身体を維持できると考えられています。
毎日のセサミン、始めてみてはいかがでしょうか。