セサミン比較サイト

メインイメージ

ペットにもセサミン

1.ペットにもセサミン

健康食品として人気の高いセサミン製品ですが、ペットにも有効であることをご存知でしょうか。
実は、多くのペット専用セサミンが開発販売されています。
今回は、ペット用のセサミンについて、皆さんにご紹介させて頂きます。

1-1.ペットにも有効なセサミンの効果・効能
セサミンの効果・効能がペットにも有効であることをご存知でしょうか?
いや、むしろペットのほうがマッチしていると言っても過言ではありません。

犬や猫といった動物は、人間よりも老化のスピードが早く、人間の5倍以上のスピードで衰えると言われています。
セサミンの効果であるアンチエイジングや若返りといった効果によって、そんなペットの老化スピードを遅らせることができると期待されているのです。

元気に走り回ったり、スイスイと家の中を歩き回っていても、老化と共に少しずつ外出を嫌がるようになり、睡眠時間が多くなる傾向にあります。
これは老化によってエネルギー生成効率が衰え、自然に省エネな行動をとるようになるからと考えられています。
人間の皮膚と同様に、毛の艶が悪くなって毛並みや光沢が失われ、目の輝きがくすんでくるなどの症状が現れ始めます。

そんなペットの健康状態維持に有効な成分としてセサミンが上げられており、各社メーカーから多くの商品が販売されています。
ペットの体の仕組みや働きの基本は、人間と同じ哺乳類ですので、セサミンが有効であるのはまちがいありません。

1-2.健康な肝臓は若々しさの秘訣
人間と同様に、ペットにおいても当然ながら肝臓は大切です。
肝臓は血液の濾過と脂肪(エネルギー)の貯蔵を担っており、健康な血液の生成には必要不可欠な臓器です。
肝臓が弱ると血液の状態も悪くなり、その影響は全身に渡ります。
セサミンの肝臓補助効果によって肝臓の負担を軽減できれば、健康な状態の肝臓を維持しやすくなると考えられています。
肝臓が健康であれば、血液の状態が改善されるだけではなく、人間と同様に悪玉コレステロールの減少にも繋がります。
※ペットも人間と同様に脂肪肝になる場合があり、悪玉コレステロールによって動脈硬化の症状が現れる場合もあります

いつまでも若い状態と同じような活発さで、愛くるしさを発揮してもらいたいのが飼い主の心情ですね。

1-3.必ずペット用のセサミンを!
セサミンを与えるならば、私達人間と同様に、一過性のものではなく長期的にセサミンを摂取する事が大切です。
くれぐれも注意していただきたいのは、必ずペット用のセサミンを与えるようにしてください。
人間用のセサミンは含有量が多いため、ペットには摂取過多になってしまいます。

人間の摂取過多による副作用の報告は無いと言われていますが、同じ哺乳類でもはやり人間ではありません。
摂取過多によって体調不良にならないように調整してあげましょう。

1-4.毎日続けて病気に負けない体に
犬や猫の老化スピードが人間よりも早い理由の一つは、心臓の鼓動が人間よりも早いからと考えられており、小型犬になればなるほど心拍数は増加します。
つまり、それだけ血液が体中を循環しており、肝臓や心臓などの内蔵が働き続けていると言えます。
毎日のセサミンを続けることで、ペットの内蔵負担を軽減させ、血液状態を良好にし、すこしでも若い時期の状態を長く維持してあげられるのではないでしょうか。