セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミン製品を選ぶときのポイント

1.セサミンの選び方

肝臓の働きを助け、二日酔いを防止し、悪玉コレステロールを減少させるセサミン。
美容だけではなく健康食品としても人気です。
そんなセサミンですが、人気に伴って非常に多くの製品が販売されており、どの製品を選べば良いのか検討が付きません。
今回は、そんなセサミン製品を選ぶポイントについて、皆さんにご紹介させて頂きます。

2.セサミンとの組み合わせ

セサミンが私達の体にとって良い事は周知の事実です。
記事の冒頭にも記載しておりますが、肝臓補助や二日酔い防止だけではなく、アンチエイジングや美肌効果、疲労回復など、その効果・効能は多岐にわたります。
様々なセサミン製品が販売されておりますが、セサミンはセサミンです。
成分であるセサミンそのものに優劣はありません。

そこで、各社が開発に取り組んでいるのはセサミンと有効成分による相乗効果です。
セサミンの効果を促進させる、あるいは補う成分を配合することで、独自の理論による効果・効能を発揮してくれます。
以下に、いくつかの組み合わせをご紹介します。

2-1.セサミンと栄養素の組み合わせ
セサミンと「豊富な栄養素を含む材料」との組み合わせです。
材料と書きましたが食材も含みます。

セサミンの抗酸化作用により善玉コレステロールの働きが活発化され、血流改善が見込まれます。
そこに豊富な栄養素をプラスアルファするという考え方です。

蜂の巣から抽出されるローヤルゼリー、高麗人参やマカから抽出されるサポニンが有名ですね。
それらの豊富な栄養素をセサミンと組み合わせることで、全身に送り届ける栄養素の向上が期待されています。
疲労回復効果など、疲れにくい状態になるとも期待されている組み合わせです。

2-2.セサミンの抗酸化作用促進成分との組み合わせ
もともとセサミンには強い抗酸化作用が認められていますが、その抗酸化作用をさらに促進させる成分との組み合わせです。
「コエンザイムQ10」や「ビタミンE」、「ビタミンC」との組み合わせがあげられます。

肝臓で生成される余分な活性酸素を除去する効果が認められているセサミンですが、上記の成分と組み合わせることでその効果を促進させることができると考えられています。
アルコール摂取後の肝臓の状態など、活性酸素が大量に生成されてしまう状況に置いて、可能な限り速やかに素の正常な状態に戻したい場合などに効果を発揮してくれます。

この組み合わせのセサミン製品を摂取したからといって直ぐに効果が出るわけではありませんが、日常的に摂取することによって「活性酸素過多に強い体」を維持することができると期待されています。

3.何を持って良いと判断するか

セサミンの良さは周知の事実。
アンチエイジングや美肌効果だけではなく、肝臓の補助効果に女性ホルモン補填による更年期障害の軽減など多岐にわたります。
残念ながら、極端に安い製品の中には粗悪な物もあるようですが、基本的にはセサミンの効果については同じと考えて良いでしょう。

いくつかのポイントを紹介させて頂きましたが、結論を書きますと、自分が納得できるかどうかに集約されてしまいます。
自分の体調や状態に合わせ、様々に試してみる必要がありますが、自分にベストマッチする商品に出会えればしめたものです。
特徴を理解し、今の自分に何が必要なのかを吟味して選ぶように心がけてみましょう。