セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンでリウマチの予防と症状の緩和

セサミンでリウマチの予防と症状の緩和
手足のこわばりや腫れの症状に悩まされ、傷みも伴うリウマチ。
関節が晴れることで熱を持つこともあります。
そんなリウマチの症状をセサミンが緩和してくれると期待されています。
今回は、セサミンによるリウマチの予防と緩和について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1.関節リウマチ

小さな自覚症状から始まるリウマチ。
「朝起きてから30分以上、手がこわばったような感覚がある」「ちょっとした動作なのに身体が動かし難い」などの、"まぁこんなこともあるか"と考えてしまうような症状からスタートする特徴があります。

関節リウマチの症状は、起床してから30分以内の症状が最も分かりやすいと言われており、日中や夜は比較的症状が落ち着いています。
一番気づきやすいのは、朝食や仕事への身支度などで動きにくさに気づく場合です。
その他に、左手や右手の小指だけなど、「単関節型リウマチ」と呼ばれる症状も確認されており、一概に全身や手足に症状が現れるとは言えない病気、それが関節リウマチです。

2.関節リウマチと過酸化脂質

関節リウマチの症状が見られる場所には、過酸化脂質が大量に生成されている事実が認められています。
過酸化脂質は、蓄積された脂肪分が活性酸素と呼ばれる物質により変異(酸化)したものです。
過酸化脂質の生成部分では炎症が起こりやすく、炎症した箇所でさらに活性酸素が発生するという悪循環が産まれます。
これが、関節リウマチ発生ののメカニズムと言われており、過酸化脂質の生成抑止と除去による関節リウマチの症状緩和と予防が研究されています。

3.過酸化脂質の予防と除去

関節リウマチの原因と言われている脂肪分ですが、本来であればエネルギーの素として肝臓から供給される大切な成分です。
しかし、何らかの理由で活性酸素の攻撃(酸化)を受けると過酸化脂質に変化してしまうため、活性酸素の働きを抑止する効果が求められています。
さらに、関節リウマチの悪循環である「炎症箇所での活性酸素発生」を抑止する効果を実現できれば、活性酸素による過酸化脂質の生成サイクルを止める事が出来るとも考えられています。

そこでセサミンの登場です。
セサミンは強い抗酸化作用を持つとして注目を集めている、ゴマ由来の成分です。
主に肝臓で抗酸化作用を発揮する事が認められており、肝臓内での活性酸素生成を抑止する効果が期待されています。
人体で生成される活性酸素の80%は、肝臓で生成されると言われており、肝臓での活性酸素生成抑止効果は関節リウマチの予防に繋がると考えられています。

さらに、セサミンの血液サラサラ効果によって、関節周辺に蓄積された過酸化脂質の分解効果も期待されており、関節リウマチの緩和が期待されているのです。

4.毎日のセサミンでリウマチ予防と緩和を

過酸化脂質に対する予防と対策にセサミンが効果的であることをお伝えさせていただきました。
毎日セサミンを摂取することで、肝臓内の活性酸素生成が抑止され、体内に蓄積された過酸化脂質の除去が期待されています。
注意しなければならないのは、これらの期待されている効果・効能に即効性が無いと言うことです。

セサミンは健康食品であり医薬品ではありません。
困った時だけ摂取して症状を緩和するものではありません。

毎日コツコツと続けることで、活性酸素の増えにくい身体になり、過酸化脂質の溜まりにくい体になる。
それが関節リウマチの予防と緩和に繋がると考えられているのです。

毎日のセサミンで関節リウマチの予防と緩和、始めて見てはいかがでしょうか。