セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンと日本蕎麦で動脈硬化予防

生活習慣病の予防ならセサミン。
セサミンが人気を獲得している理由の一つですね。
セサミンにはドロドロになってしまった血液を、サラサラに変えてくれる効果が期待されており、実際に効果があったと感じた方々の報告が多く紹介されています。
そんなセサミンの血液サラサラ効果が、日本蕎麦と一緒に摂取することで促進されることをご存知でしょうか?
今回は、セサミンと日本蕎麦による血液サラサラ効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1.蕎麦特有の「蕎麦ルチン」

「蕎麦湯」が健康に良いという話を耳にしたことはないでしょうか。
「体の調子が悪い時に蕎麦湯を飲んで安静にする」という文化は、日本の多くの地域で伝承されています。
単純に美味しいからという理由だけではなく、実際に病気などに対する効果があると言われており、蕎麦に関する研究の進んだ現代では、抗菌作用や血液中の悪玉コレステロール低下、動脈硬化や高血圧の予防など、様々な効果が認められています。

昔の人々が感じていた「蕎麦の治癒能力」は、現代の研究によって「蕎麦ルチン」による硬化・効能であると言われています。
蕎麦ルチンは、セサミンと同様にポリフェノールの一種です。
つまり蕎麦はセサミンと同様の特徴を持つ健康食品であると考えられます。

さらに、ルチンと同時にビタミンCを摂取することにより、毛細血管を強化する効果が期待されており、内出血を防ぐ事ができると考えられています。
ビタミンCによる美肌効果、美白効果を促進する効果も期待されており、コラーゲンの合成効果による「スキンケア商品の抗酸化成分」「メラニン抑制成分」としても活用されています。

2.抗酸化作用による動脈硬化予防

セサミンと蕎麦ルチンによって、肝臓と血液の両方に抗酸化作用が働きます。
セサミンの効果によって、善玉コレステロールの生成が促され、蕎麦ルチンの血液サラサラ効果によって善玉コレステロールが血管を駆け巡ります。
この時、血管内にこびりついている悪玉コレステロールを除去する効果が期待されており、動脈硬化予防に繋がると考えられているのです。

セサミンも蕎麦ルチンも、それぞれ単体の効果・効能として血液をサラサラにする効果が期待できますが、両方を摂取することでその効果を効率アップできます。
この相乗効果は、悪玉コレステロールの除去効果も同様です。

3.ビタミンB群、良質なタンパク質、必須アミノ酸

蕎麦には、ビタミンB群が含まれており、蕎麦ルチンの抗酸化作用を促進させる効果が認められています。
ビタミンB群は、セサミンの抗酸化作用も同様に促進させると考えられており、セサミンと蕎麦の相性は非常に良いと考えられます。
さらに、蕎麦には良質なタンパク質が多く含まれており、100gの蕎麦粉で1日に必要なタンパク質の30%から40%を摂取できると言われています。

さらにさらに、蕎麦には体内で生成できない必須アミノ酸(リジン、トリプトファン)を多く含んでおり、タンパク質と一緒に全身に届けられることで、元気な細胞が作られると考えられています。

4.セサミンと蕎麦で健康促進

豊富な栄養素を含む蕎麦とセサミン。
毎日両方を摂取するのは難しいですが、蕎麦ルチンを含んだサプリメントが販売されています。
サプリメントならば、手軽にセサミンと蕎麦ルチンの両方を摂取できそうです。

セサミンと蕎麦の組み合わせで動脈硬化予防。
今から始めてみてはいかがでしょうか。