セサミン比較サイト

メインイメージ

ゴマに含まれる精神安定効果

1.ゴマに含まれる精神安定効果

美容と健康ばかりが注目されるセサミン。
実は、セサミンが精神安定効果をも発揮してくれることをご存知でしょうか?
多くの美容効果で人気を博しているセサミンが、どのように精神安定効果を実現しているのか。
皆さんにご紹介させて頂きます。

1-1.ホルモン分泌による抗ストレス効果
早速、セサミンの精神安定効果についてご紹介しましょう。
セサミンを摂取することで得られる効果は様々。
「老化防止」「二日酔い防止」「癌予防」「悪玉コレステロール減少」などが有名ではありますが、精神安定効果にも優れています。
これは、セサミンに「ストレスに抵抗するためにホルモンを分泌する」特徴があるからです。
その特徴は、「植物性エストロゲン」と呼ばれる成分の効果として知られており、特に女性ホルモンに似た働きによる安定効果が期待されています。

また、植物性エストロゲンによる精神安定効果だけではなく、ビタミンB6やトリプトファンと一緒に摂取することで、精神安定効果をより促進させる事ができると考えられています。
ビタミンB6とトリプトファンは、ともに「ゴマ」に含まれている成分であり、同じくゴマに含まれている「セサミン」との相性は抜群です。

ビタミンB6は、三大神経伝達物の一つである「セロトニン」の原材料として利用される栄養素。
セロトニンが不足すると、精神が不安定状態になると言われており、うつ病や不眠症と言った精神疾患の原因とも言われています。
トリプトファンは必須アミノ酸の一つとして知られており、不眠症の解消や鎮静効果、記憶力や集中力の向上などに関係していると考えられています。

このように、セサミンには、精神を安定させるために必要な成分が含まれているだけではなく、他の栄養素と組み合わせることによってその効果を大きくする特徴を持っているのです。


1-2.黒ゴマと精神安定効果
セサミンが精神安定効果に効果を発揮してくれる根拠をご紹介させて頂きましたが、実はセサミンの素である「ゴマ」が古来から精神安定を目的として利用されていた事実をご存知でしょうか。
近年の研究で、セサミンに精神安定効果が認められつつあるのですが、そもそも歴史的にゴマ自体に精神安定効果が期待されていたようなのです。

インドに伝わる古式医療技術(アーユルベーダ)に伝わる「ごま油」。
そのごま油を塗り薬として利用したり経口摂取したりすると、精神状態が安定すると伝えられています。
様々な植物から油を作り出していた古代インド人は、ごま油の鮮度が他の油よりも長持ちする事に気づき、その効果を様々に研究していたとのこと。
その結果、イライラする症状や鬱の症状に対して「黒ゴマ油」を治療薬として利用した時、精神的に楽になったと実感できるほどの効果・効能を確認できたとされています。
現在では、それらの効果・効能は「セサミン」と様々な栄養素の相乗効果によるものと考えられており、古代人の統計学と知識の幅に驚きを隠せません。

2.ストレスとの向き合い方

現代人にとって、ストレスは切っても切れない関係にあると言っても間違いではないでしょう。
私達が置かれている環境は、仕事関係や友人関係、家族関係など様々なシーンにおいて「ストレス」を感じることばかりです。
ストレスを感じない人はいないと言っても過言ではなく、多くの人がストレスを解消するために様々な方法を試しています。

運動をしたり趣味に没頭する方法もありますが、セサミンを摂取することでもストレスと戦うことはできそうです。
定期的にセサミンを摂取することで、ストレスが蔓延する日常生活から「心」を守ることができるのではないでしょうか。
セサミンの精神安定効果、もしもこの記事を読んでいるあなたが、ストレスを感じているとしたら、毎日のセサミンを試してみる価値は十分にあるのではないでしょうか。