セサミン比較サイト

メインイメージ

スポーツの後にセサミン

1.スポーツの後にセサミン

さんさんとと降り注ぐ太陽の下、運動しながら汗をかくのはなんとも言えない気持ちよさがあります。
適度な運動は身体に良いと言われていますが、楽しくなってついついやりすぎてしまい、次の日にどっしりとした身体の重さを感じてしまう。
そんな疲れた身体の症状にセサミンです。
今回は、スポーツの後のセサミン効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1-1.スポーツ後には活性酸素が増えている!
人間が運動を行うと、呼吸が激しくなります。
これは、人間の体が酸素を必要としているからです。

なぜ酸素を必要とするのか?
その答えは、身体を動かすエネルギー源の一つが酸素だから。
具体的には、細胞にエネルギーを供給するための材料として、酸素が利用されると考えられています。

呼吸の増加によって酸素の摂取量が増え、エネルギーとして活用されるのは良いことなのですが、酸素の吸収とエネルギー生成による副産物「活性酸素」に
問題があります。通常、体内に蓄積された活性酸素は、徐々に体外へと排出されていきくのです
が、体外への搬出量以上に生成されてしまうと、「疲れ」の症状が現れます。
活性酸素は主に肝臓で生成されており、「運動すると活性酸素が発生する」というルールは、抗えない人体のシステムとして知られています。

1-2.スポーツ後の疲れをセサミンで撃退
運動と活性酸素は、コインの表と裏のような関係です。
表があれば裏があるように、運動による活性酸素発生を止めることはできません。
しかし、セサミンによって活性酸素の量を減少させることが出来ます。

セサミンには、体内の活性酸素を減少させる効果が認められており、活性酸素を生成する肝臓に直接働きかけてくれるため、大きな注目を集めています。
セサミンを摂取することによって肝臓から排出される活性酸素量が減少し、疲れを感じにくい身体に変化させることができると期待されているのです。

さらに、身体の疲れだけではなく内臓の疲れにも影響すると考えられており、特に肝臓の負担を軽減すると言われています。
肝臓の負担が軽減できれば、血液の濾過機能が効率よく行われる事に繋がり、血液中の有効成分量が増加すると期待されているのです。

1-3.毎日のセサミンで疲れ知らずな身体に
せっかくの楽しいスポーツですから、思いっきり汗をかきたいですよね。
翌日の身体の疲れが気になって「思いっきり運動できない」と考えている方にピッタリなのがセサミンです。

セサミンは、エネルギー生成の妨げとなる活性酸素を減少させ、身体の回復効果を促進させてくれます。
毎日のセサミンを続けることで、その効果は持続されるお考えられており、スポーツのタイミングだけではなく、日常生活の疲れにも効果を発揮してくれると期待されています。
スポーツの後のセサミンで、気持ちの良い汗を思いっきりかいてみてはいかがでしょうか。