セサミン比較サイト

メインイメージ

セサミンとタウリンで元気いっぱい!

1.セサミンとタウリンで元気いっぱい

健康成分として注目されているセサミン。
そのセサミンと一緒に摂取することで高い効果を得られるのがタウリンです。
一緒に摂取することでどんな良いことがあるのでしょうか?
今回は、タウリンとセサミンの相乗効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

1-1.肝臓を活性化!
セサミンの高い抗酸化作用によって、肝臓の働きが活性化される効果が認められていますが、タウリンにも同様の効果が認められています。
セサミンは、血液中に溶け込むこと無く肝臓まで届き、肝臓内部で活性酸素生成を抑止する働きを見せてくれます。
運動やアルコール摂取によって生成される活性酸素が私達の元気を奪う一つの要因になっており、セサミンによって元気な状態を持続できると期待されています。

タウリンもセサミン同様に肝臓に良いと言われている成分です。
魚介類に多く含まれる成分ですが、その中でも牡蠣に多く含まれています。
タウリンは胆汁の分泌を促し、働き過ぎて疲れた肝臓のダメージを回復(肝細胞を修復)させる効果が認められています。

セサミンが肝臓の働きをサポートし、タウリンが傷んだ肝臓を回復させる効果を発揮するとしたら、お互いが補い合いながら肝臓をサポートしていると考えることが出来ます。
このように、セサミンとタウリンによって肝臓を元気に活性化させることができると期待されているのです。

1-2.コレステロール値の減少
セサミンとタウリンの相乗効果は、肝臓の活性化だけではありません。
実は、コレステロール値の減少についても高い効果が認められています。

年齢を重ねると基礎代謝が低下し、エネルギーを上手に生成し難くなると言われていますが、それに伴って上昇すると言われているのがコレステロール値です。
基礎代謝が低下すると酸素がエネルギーとして利用される効率が下がります。
すると、活性酸素と酸素の結合確立が高くなってしまい、その働きによって悪玉コレステロールの酸化を促してしまいます。
このサイクルが繰り返されると、動脈硬化などの可能性が高くなってしまうのです。

そこでセサミンとタウリンの両方摂取です。
セサミンの働きにより、悪玉コレステロールを酸化させる活性酸素の発生を抑止し、タウリンの働きによって肝細胞の自浄効果を促します。
健康な肝臓に近づけば、善玉コレステロールの上昇にも繋がりますので、サラサラ血液が悪玉コレステロールを減少させる効果が期待されます。

1-3.お互いを補う最強コンビ
いかがでしたでしょうか?
セサミンとタウリンは、全く違う成分ではありますが、共通の効果効能を発揮してくれるベストパートナーです。
セサミンによる肝臓の活性化と、タウリンによる肝細胞の修復効果によって、元気な状態を長時間保てると期待されています。

タウリンもセサミンも、多くの商品が開発されている人気成分です。
手軽に摂取できるのも魅力ですね。
これを期に、毎日のセサミンにタウリンをプラスするのも良いのではないでしょうか。